2013年06月06日

姉とともに

姉が亡くなって、一ヶ月半が経った、1999年11月28日、私はスタートラインに立っていた。

尼崎国際シティマラソン、ハーフマラソンのスタートが迫っていた。
空は快晴、爽やかな秋晴れだった。
ハーフマラソン、私にとっては2回目の挑戦だ。
前回2年前の挑戦時はろくな練習もせず、酒に酔った勢いで部下と出場を決めたのだった。
結果は散々たるものだった、当時体重は90キロをはるかに超えていたし、練習不足、前日の雨でぬかるんだ足元、折り返してからの強風、13キロを過ぎたあたりから、足にきて、攣る、走れない・・・・
ラスト3キロは文字通り地獄となった、足を引きずるようにゴールした、感動はなく、足の痛みだけが残った。記録は2時間20分、翌日歩くことができないほどダメージが残った、親指の爪は血豆となり、剥がれた・・・もう2度と走るものか・・・・そう思った。
あれから2年、今度は違う、私は一人で走るのではない、青空の上から姉がきっと応援してくれる。
姉とスポーツクラブへ行っている間、私はトレーナーや仲間と真夏から走りこんでいた。
時々姉も走りたいと言ってきたが、それだけはできなかった。
しっかり走りこんできたし、体重も82キロだった。あとは精神力だけだった。
私は姉の写真をランニングパンツにしのばせていた。
「応援してね!」
午前10時30分号砲、尼崎陸上競技場をとびだした。
5キロ、10キロ・・・・軽快に走ることができた。
そして折り返し、2年前失速したところ、今日は違う、走れる。。17キロ、さすがに足に効いてくる、足が上がらなくなってきた、また、だめなのか・・・・その時、空を見上げた・・・
「敦也、がんばらなあ・・・あと少しよ!」
そう、私は一人で走っているのではない、姉と一緒なんだ!もうひとがんばり、負けるものか、心の中で葛藤が続いた・・・
19キロ、20キロ・・・・・・・あと1キロ!
そして、感動のゴール!!姉とともに走った21.097キロ記録は1時間53分、自己記録を30分更新した。
いまだにこの時の記録は破ることができないし、もう破れなくなってしまった。
心臓病という病気を抱え込んでしまったから・・・・

続く

次回は最終回になります。

写真は翌年芦屋国際マラソン、ハーフの部参加のときのもの

tomoko18.jpg
posted by こやまっち at 21:25| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。