2013年06月15日

内科病棟376(狭心症入院記)カルテⅡ

「小山さん、そしたら奥さんが来られたらすぐに検査を始めますね、まず、血圧を下げる点滴を今から入れます、カテーテルは右足の付け根の動脈から入れるので、毛剃りをします。検査後は止血のため、動けなくなので尿管を入れますね」
「はあ・・・・・・・」(汗)
毛剃りも恥ずかしいが、尿管だけは堪忍して欲しかった。
去年の夏もこれを抜いた後、排尿の時痛くて辛かったのだ。
しかし、1年の間に2回も毛剃りとは・・・・やっと銭湯に行けるぐらいに、人並みに生えてきたのに!?
看護婦がカーテンを閉めて、ゴム手袋をして、剃刀を持って臨戦態勢に入っている。
「あーあ、なんでこうなるの?」
「さん、毛剃りしますねー、ちょっと失礼しますよー」
パンツを脱がされて、もう好きにしてくれーって感じ!?
「単身赴任だとこういうとき大変ね、奥さん心配してはるわ」
こっちは恥ずかしいが、看護婦も仕事とはいえ、大変なんだと思う。
シェービング液を泡立てて、ほんと散髪屋みたい。昨夏の足の手術の時は右半分だったけど、今度はえらい丁寧というか全部剃ってる・・・
「おしっこの管入れますね、ちょっと変なかんじになるけどねー」
前回は下半身麻酔の後だったから、何も感じなかったが、今回はしらふだ。
入った瞬間はなんともなかったが、さらに奥まで入れて、固定するので、いわゆるねじを締めるような感じで処置をする。
「うっ・・・・・ひっ・・・・・」言葉で表現できない痛みが背中まで走った。
さすがに腰を引いた。
「こやまっちさん、終わりましたよ」
「ふぅーーー」セクシーなT字帯をはめられた。
手術や検査はしょうがないにしても、こういう過程がわたしはいやなのである。
T医師が「採血しますね」と言って、左足の付け根に針を刺した。
なんで腕からしないのかと思ったが、これがまた痛かった。
検査前の処置がすべて完了して、私は病室へ行くことになった。
372号室の個室だった。
病室のベットに移るのに、私は動いてはいけないとのことで、看護婦が2人で私を移そうとするが、スーパーヘビー級の私の体が動くわけがない。
看護婦がナースコールで叫んだ。
「みんな来てくれるーーー」看護婦が4人やってきた。
これで6人、おいおい、俺は象じゃねえぞ!?
「いちにのさんで行くわよー」
「せいの、いち、に、のさん!」
ようやくベットに移動することができた!?ようやく、妻が来たのは15時30分だった。

妻が病室に到着すると、すぐにY医師が説明にやってきた。
「カテーテル(細い管)は右腕手首から入れます、心臓まで達したら、造影剤を投与して、心臓の血管の様子を診ます。そこで、状態によっては、つまり、詰まってたりすれば処置を施します。その場合、右足の付け根の大動脈からカテーテルを入れて、バルーン(風船)療法に切り替えます。まあ、大丈夫だとは思いますが。時間は1時間ぐらい、処置が入れば2時間と思ってください、ではすぐに準備にかかりますのでよろしく」
「はあ・・・・」妻も不安そうに聞いてたが、もうここはお任せするしかなかった。
承諾書に印を押して、私は1階の検査室へ搬送された。
妻は入れないので、外で待つことになった。
検査室は手術室に近い設備だった、ストレッチャーの上でスッポンポンになって仰向けに寝る。
私は目隠しをされた。右手首の消毒、足の付け根の消毒が行われ、カテーテルを挿入する右手首(自殺する時に切るところ)部分麻酔の注射が打たれた。
これは痛かった、感覚が無くなったところで、シースと呼ばれる手首に留置する管を穿刺する。
そしてシースにカテーテルを入れていく、これがなんともいやな痛みだった、右手首がつぱって、引っ張られている感じ。
カテーテルが冠動脈の入り口に達したところで、造影剤が入れられて、X線撮影。
「このあたり、気になりますねえ・・・・・」
Y医師とT医師が相談している、こっちは意識があるから、ずっと聞こえてる。
「小山さん、ニトロを入れるから、ちょっと熱い感じになるよ」
「はいニトロ投与します」
その瞬間、胸がカーッと熱くなり、血液が体をめぐることで、足先まで順番にカーッと来た。
「右足の付け根に麻酔しますね」これがまた痛い、皮の薄いところだし。
今度は心臓から送り出される血液の強さ、量を測る検査らしい。
「もう終わりますからね」とY医師。
「はい終わりましたよ」と看護婦、所要時間は1時間強だった。
右手首は止血のために強く圧迫する器具をつけられた。動脈を穿刺したので、血が止まらないからだった。
私は手首だったからこれですんだが、足から入れると12時間動けないらしい、たいへん辛いと聞きます。
病室へ戻って、またベッドに移動だ!
「みんなきてくれるーー」例によってまた、ナースが4人どかどかとやってきて、私の移動。
「せいのーよいしょー!」無事に検査は終わった・・・

続く
posted by こやまっち at 21:47| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。