2013年06月21日

下肢静脈瘤手術記 カルテV 退院

8月12日(日)
点滴は昨日で終了、今日から飲み薬になる。点滴の針も抜いてもらって、やっと、すっきりした。食事も歩いて取りに行けるようになった。
病室で食べるのは味気ないので、できるだけデイルームとよばれる景色のいいところで食べることにした。
朝はハニーが、昼は次男が食事の世話に来てくれることになった。午後から、みわっちが見舞いに来てくれた。
入れ替わりに走ルネ!のメンバーが猛練習!?の後に来てくれた。幹事長、たこらん、プラネックス、ブラック!例によって、ブラックのマシンガンマウス、わいわいガヤガヤと1時間。。
皆の顔を見るとほっとした気分に・・・
夕方までぐっすりと昼寝、この時間帯が一番よく寝れる。
夜は長いが・・・時々トイレに行くが、そのたびに尿道に痛みが走る。
おつうじは快調!?になった。
入院経験の豊富な!?プラネックスさんに聞いたら、2〜3日は痛いよとのこと。
ネットで知り合った詩人の津森宇砂さんの詩集「冷たくて優しいもの」を読む。心を癒してくれる一冊だ。

8月14日(火)
足の方は包帯で強く巻いてあり、傷口の周辺が軽い炎症で固くなってきて、立つととても痛い、でも順調に回復してきた。
担当医から16日にまず股の付け根を抜糸し、あとの4箇所は21日にするとのこと。
退院も16日抜糸後ならいつでもいいので決めてください。
入院生活も十分満喫したので16日に決めた。
ハニーは「家帰ってきても暑いし、ここ(病院)は快適だし、ゆっくりしたら?」というがそんなわけにもいかない。

新しくHさん(72歳)が入院してこられた。
私の病室は私以外(3人)皆、癌患者であった。しかもみな再発組。。
Hさんとあいさつをかわしたあと、聞いてみた。
「どないしはったの?」
「2年前、胃がんで全部切って退院して、その後抗がん剤打ってたけど副作用がきつくて、やめたんや・・・そしたら、最近左上腕と胸に大きなしこりが出てきて調べてもろたら、悪性やいわれてなあ・・・がっくりや・・・」
実際に触らせてもらった。たしかに大きな肉腫・・・
「また、手術?」
「いや、抗がん剤か、手術か、これから決めるんや、家族に先に説明するらしいからあんまりようないんとちゃうかなあ」といって元気がない。。
そこへ同室の部屋長格のKさんが「Hさん、考えてもあきまへんで、なるようにしか、ならんで、気長にせんと・・・そんなん、まだちょろい方でっせ、私の見てみなはれ」と言って、パジャマを脱いだ・・・・
なんと・・・・・お腹に大きな’人’という文字(手術痕)、両脇、下腹2箇所にも・・・私は言葉がでなかった・・・・・
本人によると、まず、大腸癌の手術、そして肝臓へ転移、切れないのでお腹の動脈から直接抗がん剤治療ずっと管を注入していたらしい、さらに悪くなって、肝臓1/3切除、その後両肺へ転移、通常は両肺同時に手術はしないが、本人の希望で両肺ともに切除・・・
さすがに顔色は悪いが、明るくて、こえが大きい。
この部屋のムードメーカーである。
これを聞いたHさん「わしもがんばるわ」
この夕方、Hさん家族が来て、治療方針について家族会議をされてた。
長時間・・・Hさんが声を荒げる場面もあった。
親族の人間関係も複雑なようであった。
私は外科治療だから、日に日によくなるのがわかるが、癌患者、特に末期癌、再発者の方は、心が晴れない日を悶々と過ごすのである。
私だけ場違いな病室へ来た気分であった。。

8月16日(木)
退院の日がやってきた。いつものように9Fの通称デイルームで朝食をとる。
味気ない食パンも今日が最後だ。。
10時、副部長から「小山さん、処置室へ来てください」とコールが入る。
股の付け根のところだけの抜糸。。パチン、パチン・・・痛くないがやっぱりひいてしまう。
「あと4箇所の抜糸は来週外来でやりましょう、シャワーならいいですよ」
「どうもありがとうございました」956号室へ帰り、着替えて帰り仕度、ほどなくハニーが来た。
婦長が来て精算に時間がかかるとのこと。
11時30分、用意ができたとのこと。私の負担は約5万円だった。
同室のK部屋長!?、Hさんにあいさつ。「がんばってくださいね!!」
私の退院と同時に、くしくもHさんの抗癌剤投与がはじまった・・・・・・

外は久しぶり、眩しくてクラクラする!
「何が食べたい?」
「ステーキがたべたいなあ」
「退院祝におごってあげる!」
「よっしゃ行こう!!」
空を見上げると、夏の風物詩、入道雲がにょきにょきと立ち込めていた。今日も暑くなりそうだ・・・・・・



以後再発はありません。
posted by こやまっち at 22:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。