2013年06月18日

内科病棟376(狭心症入院記)カルテX まとめ

さて、狭心症の入院から4年後、私は日中の睡魔に悩まされていた。
睡眠時間は十分なはずなのに、睡魔が来る、それも強烈な睡魔である。
ある日、名神高速を走っていた時のこと、右の追い越し車線を走っていて睡魔が襲ってきた。
次の瞬間、高速の両側にビル群が見えてきた、ここは滋賀県そんなものがあるはずもない。
そして中央分離帯が自転車レース場のバンクに見えてきて、車が右へ寄っていく、そして
砂利が引いてあるのでガリガリ言い始めたとき・・・・
「ファーーーン!!!」
後続車がクラクションで危険を知らせてくれた。
はっと我に返りハンドルを左に戻してことなきをえた。
これはダメだと次のサービスエリアへ入るのだが、側道に入った瞬間、0.5秒から1秒意識が飛んだ・・
気がつくと小型車は左への標識、危なかった。

病院へ行って検査を受けた結果
「睡眠時無呼吸症候群」と診断された。

さらに、精密な検査を専門病院で受けることになり・・・

結果は極めて重症だった・・・

無呼吸が1時間に何回おこるかの指標「無呼吸/低呼吸指数」による重症度分類
○軽症 1時間あたり5〜15回の発生
○中等症 1時間あたり15〜30回の発生
○重症 1時間あたり30回以上の発生

上記に当てはめると私の場合、無呼吸、低呼吸合わせると指数は96回という
医師も仰天するような数値がはじき出されてました。

睡眠にはレム睡眠、ノンレム睡眠とレベル1〜4の睡眠の質があって浅い眠りと深い眠りを繰り返すわけですが、私の場合、呼吸が止まるためレベル2で止まっており、睡眠中深い眠りには一度も達していないという
結果もわかりました。。
要するに表面上は寝てるけど、体はほとんど正常な睡眠が取れてないということになります。

だから、朝起きたときに頭痛が有り、日中は強烈な睡魔にさらされている結果となってます。
さらにこれは、無呼吸状態が続くことにより、血中に十分な酸素が供給できなくなり
血液がドロドロした状態を作り出すという、恐ろしいメカニズムに直結します。

具体的には正常者に比較して、

○高血圧は2倍

○冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞などの心臓病)は3倍、とくに習慣性の強いいびきが
ある場合の心筋梗塞発生頻度は4倍

○脳卒中は4倍

○交通事故は7倍

の頻度になると報告されています。

そしてその結末は
中等症・重症の睡眠時無呼吸症候群は重度に死亡率が大幅に上昇します。
厚生省研究班の調査では、睡眠1時間あたりの無呼吸数や低呼吸数が20回以上おこる
場合の5年間の死亡率は16%と報告されています。8年で死亡率40%という報告もあります。
死因は脳梗塞、心筋梗塞など。睡眠中や朝方に死亡する例が多いとされています。

要するにこのままでは私は危ないことになる

ということで治療に入りました。
CPAPという鼻から空気を強制的に供給するマスクをつけて毎日寝ることとなり、これは今も続いています。

要するに睡眠時無呼吸症候群の状態に狭心症を発症する前から恒常的になっていて、血管に酸素が供給されずにドロドロとした血液になっていた、これが血管をもろくして動脈硬化を引き起こし、ついに耐え切れなくなって心臓発作になってしまった。

CPAPは根本治療ではないので、要は痩せるしかないのですが、20キロものリバウンドを数回繰り返すことになってます。
意思が弱いとしか言いようがない(;^_^A アセアセ・・・

みなさまもいびきが大きい方は予備軍ですので注意されてください。
注意ポイントは日中の強烈な睡魔(話していても眠ることがあります)と朝起きたときの頭痛です。

またまた、私のつたない手記にお付き合いいただきありがとうございます。



cpap111.jpg
posted by こやまっち at 23:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。